クレンズジュースのダイエット効果と作り方|酵素がカギ

最近、とても話題になっているクレンズジュースを使ったダイエットについて一緒に詳しく見て行きたいと思います。

 

クレンズジュースというと、どんなイメージを持っていらっしゃいますか?

  • 値段はちょっと高くて
  • 生きたミネラルや栄養が摂れる
  • 味は美味しい
  • 一流モデルやセレブが飲んでいる

このような感じのイメージでしょうか。

 

実は、わたしも実際にクレンズジュースを飲んでみるまではそう思ってました。

 

また、クレンズジュースはジュースクレンズのために使うもので、
断食する人じゃないと飲んじゃダメみたいな・・・イメージを勝手に持ってました。笑

 

ですが、クレンズジュースは断食をしなくても、デトックス効果が期待できて、
毎日の生活で『クレンズジュースを飲むのは当たり前』というところまでアメリカでは浸透してきているんだそうです。

 

特に、最近ではクレンジング・カフェ(日本でも東京都の渋谷区恵比寿にあります)でスイカジュースが
カリウム豊富でしかも美味しいということで販売されているようです。

 

また、デトックスと言っても健康のためにできる範囲で老廃物を排出したいと考えておられる方は
断食をせずとも、デトックスができて体重管理をしやすいのが魅力と言えますね。

クレンズジュースってなに?

クレンズジュースとは、ジュースクレンズのためのためのダイエット向けジュースです。

 

ジュースクレンズとはモデルやハリウッドのセレブに人気の高いダイエット方法であり、
アメリカにはクレンズジュースの専門店があるほどです。

 

日本でもクレンズジュースを扱う店舗や通販、カフェができるようになりました。
クレンズは「洗浄」の意味があり、つまりデトックス効果が期待できるため、美容にも健康にもいいと言えます。

 

ローラちゃんや大矢果南さんなどの一流モデルも

クレンズジュースの作り方とポイント

では、クレンズジュースはどのようにして作られるのでしょうか?
材料として野菜や果物、水(または氷)があり、ジューサーなどを使ってジュースを作ります。

 

よく使われる野菜としては、キャベツ、リンゴ、人参、レモン、セロリなどがあり、
ビタミンやカロチン、食物繊維が豊富なものです。ジューサーにかけやすいようにあらかじめ野菜はカットしておき、
ジュースにするだけで完成です。

 

ジュース作成のポイントは、ジューサーにかける際に低速で回転させることです。
逆に高速回転を行うと、野菜や果物に含まれる酵素を破壊してしまう恐れがあり、
ダイエット効果が期待できなくなります。

 

加熱せず、水と氷でつくるのも、必要な栄養素と酵素を殺さないためです。
そのことから考えると、ジュースクレンズは酵素ダイエットの手法とも言えます。

 

ただし、野菜や果物の絞りかすは利用せず、あくまでもジュースだけ摂取します。

クレンズジュースのレシピ3選とその効果

主なクレンズジュースの材料の組み合わせ例やテイスト、効果について紹介していきます。

 

・きゅうり、りんご、パイナップルのジュース
きゅうりに含まれるカリウムは利尿作用やむくみを取る効果がありデトックス効果大です。
ただし、きゅうりだけでは味気がないため、りんごなどのフルーツで甘くてジューシーな味わいになっています。
また、りんごには食物繊維のペクチンが含まれており、水溶性食物繊維なので、腸内をきれいにする効果も期待できますよ。

 

・ミント、オレンジ、シトラス
ミントには消化不良を緩和したり、頭痛を軽減する作用、空腹を緩和する効き目があります。
ジュースクレンズは一定期間続けるものでありストレスが貯まりかねないため、是非とも使いたい素材です。
一緒に使うフルーツとして柑橘類を用いるとビタミンCが摂取でき、肌質の改善につながりますよ。

 

・パセリ、パイナップル、柑橘類
パセリは鉄分やカリウム、各種ビタミンなどを含むため、貧血改善や免疫力の向上効果があります。
こちらも、パインなどの果物でビタミンを追加し、味を飲みやすいものにします。

 

他にも様々な組み合わせがあり、自分でジューサーを用意すれば独自のジュースが作れます。

 

しかし、作る余裕がない方、より品質の高いものを追求したい方は市販のものをお使いいただくと良いかもしれません。

 

こういったコールドプレスジュースを酵素ドリンクで代用する方法が最近ではメジャーになってきているんですよ。

酵素ドリンクでクレンズダイエットはできるの?

酵素ドリンクでもクレンズダイエットはできます。

 

というのも酵素には、発酵されて酵素になるものと生の食材で摂れる酵素の2つに分けることができ、
身体への吸収効率という面で見てみると、発酵された酵素のほうが、吸収効率が高いと言えるからです。

 

この理由は、わたし達日本人が、昔からお醤油、お味噌、塩、みりん、お酢など・・・発酵食品の調味料文化で生きてきたためです。

 

納豆やお漬物、ふなずし、塩辛など、直接ご飯に乗せて食べても美味しいと感じるのは、日本人だけなんですよ。

 

このような食文化に支えられて生きてきたわたし達日本人は、
発酵食品にこそタンパク質や各種栄養素、ミネラルを求めたほうがはるかに吸収効率も良いと言えます。

 

コールドプレスジュースは、確かにレシピ次第では、美味しく飲むこともできますが、
デトックスに注力したホウレン草とケールのジュースなどはかなり苦味もあって、連続で飲み続けるには抵抗を感じることが多いと思います。

 

そういった方は酵素ドリンクを使ったほうが良いと思います。

 

デトックス効果も高く、美容と健康のために摂りたい栄養素もしっかり摂ることができるからです。

酵素ドリンクの味は?

酵素ドリンクの味が気になる方も多いと思います。

 

特にクレンズダイエットは、断食中はクレンズジュース(酵素ドリンク)しか飲まないので、味がまずいと感じると挫折しやすくなります。

 

そこで、このサイトのトップページでは、味の比較情報も一覧表で掲載しています。

 

価格と味の両方でしっかり比較しながら『どの酵素ドリンクにしようかを決めること』ができると思います♪