冷え太り改善におすすめの酵素ドリンク

女性に多い『冷え性』や『冷え太り』の状態には多くの方が悩まされているんです。
手や足のつま先がかじかんでしまうくらい冷たくなってしまう方も多いんです。

 

実は、わたしも生理前になると冷え症に悩まされていて
秋〜冬にかけては本当にしんどい思いをしてました。
特に冬は、冷え性の方にとっては様々な問題が出てくる時期とも言えます。

 

冷え性が原因で眠れないほどになって睡眠不足・・・
冷え性によってむくみがひどいなど多くの悩みが出てくる時期ですよね。
ある調査では、男性では冷え性の方は全体の6割なのに対して、
女性だと8割以上が冷え性だと言われています。
こうした冷え性に実は酵素ドリンクはとても有効な手段となってくれるんです。

 

逆に夏という暑い時期は、汗もかきやすいし、冷たい酵素ドリンクもおいしいから
酵素ダイエットには向いているというイメージは持っている方も多いと思います。
大きく分けて、冷え性に悩む方には2通りの方がおられます。

  1. 栄養は摂っているけど夏は汗っかきで冬に冷え症になるタイプの方
  2. むくみがあり代謝も悪い冷え性太りタイプの方

大きく分けて、この2通りの冷え症に分けることができます。

 

@番とA番のタイプの方で、おすすめの酵素ドリンクが違ってきます。
特に冬の冷え症に悩まされている両者のタイプの方にどういった酵素ドリンクがおすすめなのかをご紹介して行きます。

@タイプの方におすすめの酵素ドリンク

@タイプの方におすすめの酵素ドリンクは『コンブチャクレンズ』です。

 

その理由は、発酵させる素材にトウガラシ(カイエンペッパー)とショウガ(金時ショウガ)を使っていることです。

 

トウガラシはカプサイシン効果で、身体を温めてくれるのはご存じの方も多いのではないかと思います。

 

また、ショウガは『ジンゲロン』や『ショウガオール』といった成分の働きで冷えている部分は温めてくれて、
熱があるところは炎症を鎮めてくれる働きがあります。

 

コンブチャクレンズは、実際に飲んだ方の口コミでも、身体が内側から火照って来て指先やつま先もあったかくなるという感想も寄せられています。

 

また、普段の生活で冷え症を改善したい方は、次のような習慣を実践してみてはいかがでしょうか。

 

  • 体温をあげてくれるような食材を日常の食事に取り入れる。
  • お風呂は少しぬるいと思う程度の温度で肩までしっかり10分以上浸かる

 

逆に葉物の野菜などは体を冷やす傾向があるので、スープに入れるなど調理方法を工夫しましょう。

 

また寝る前にコンブチャクレンズを飲むなども効果的ではないかと思います。

Aタイプの方におすすめの酵素ドリンク

Aタイプの方におすすめの酵素ドリンクは下記の通りです。

 

ベルタ酵素ドリンク
ローヤルエンザミン酵素

 

ベルタ酵素ドリンクは、プラセンタエキスの働きで女性ホルモンのエストロゲンを活発にしてくれます。

 

プラセンタは、成長ホルモンとも呼ばれる胎盤から抽出されたエキスで、身体の血管の老化防止に効果的です。
血流を上げることができるので、むくみの改善に効果的なんですよ。

 

ローヤルエンザミン酵素は、冬に温めて飲むことができる酵素ドリンクで、冷え太りの改善にとても効果的と言われています。

 

『AK菌』という日本で開発された菌の力で、超微粒子レベルまで酵素が分解発酵されているので、
熱に強く胃酸にも負けない酵素が腸まで届く仕組みなんだそうです。

 

また、冷えとむくみが同時に起こっていますから、生活習慣の中では塩分の摂り過ぎに注意してみてください。

 

塩分は身体の中で水分と結びついて、老廃物として細胞の間に細胞間液をとして溜まってしまい、むくみで血管を圧迫してしまいます。

 

こちらのAタイプの方は、生理痛が重いという悩みも併発されている方が多く、
血流を改善することで卵巣の働きも活発化してエストロゲン分泌が良くなり生理痛軽減効果が期待できます。

 

そして同時に利用したいものが女性の生理周期を把握したダイエットです。

 

生理周期を把握した酵素ダイエット

ダイエットをするためにも生理周期を把握して最適なタイミングを知る必要があります。女性の場合は生理周期によって体が変化し生理日と排卵日これを境に分泌される女性ホルモンが変化をするのでエネルギーの代謝や水分の代謝など体の変化が起こります。
一般的にダイエットに適してるタイミングというものは生理が終わった直後と言われていますが女性の場合は生理が終わってから2週間ぐらいはエネルギー代謝が上がるので体に蓄積した老廃物や脂肪水分の 排出も効率よく行うことはできるのですつまりこのタイミングで食事制限や運動などを行うと何も考えないでダイエットするよりも効率よく 体重の変化を起こせるというわけです。
反対に生理が来る2週間前あたりからダイエットを始めてしまうとこの時期に女性の体はエネルギー代謝が低下し体が水分を蓄えようとするような変化が起こるのでダイエットにも向いていない時期と言えるでしょう。どんなダイエットを行うにしてもある程度の継続性が必要になります。体重に変化がなかなか起きないまたはほんの少ししか体重が減少しないといったものは 頑張って行うダイエットの場合それ自体ストレスになりかねません。